脱毛サロンの高額コースも解約が簡単に!?

今までさまざまなトラブルが続いていた脱毛サロンの脱毛。

実際に下記のようなトラブルが近年は消費者庁に多く寄せられていました。

  • 表記されていて値段以上のコースに契約させられた
  • 解約しようとしても多額の解約金を請求された

このほかにも「予約が取れない」であったり「肌トラブルや火傷の被害を負った」など脱毛サロンやエステサロンに関してはトラブルが絶えないという現状があります。

今まではこうしたエステを取り締まる制度が整備されていなかったのが現状です。

しかし今回の法改正により「脱毛サロン等の契約にも8日間以内であれば無条件にクーリングオフ」できることになりました。

これにより今までのように安いキャンペーンなどを謳って悪質な集客をしていたサロンはだいぶ減るのではという見方ができそうです。

脱毛をはじめ美容医療が解約可能に

先月閣議決定された政令改正の内容は、脱毛サロンや医療脱毛問わず美容業界には大きく影響を与えるものでした。

内容は以下のものになります。

契約期間が1カ月を超え、かつ金額が5万円を超える美容医療について、契約後8日までは無条件で解約できるクーリングオフや、中途解約が可能になる。

今までは長期契約しか対象とされていないかった美容契約のクーリングオフですが、この改正によって「1か月以上の契約」かつ「5万円以上」のコースに関しては契約後8日以内であれば無条件で消費者が解約できるといった内容です。

以前問題になった脱毛サロン「エターナルラビリンス」の“月額制を謳った実質高額な全身脱毛コース契約(ローンの強要)”といったことが起きたとしても8日以内であれば契約を破棄することができます。

途中解約についてのルール

当然消費者は契約書にサインしたあとでも8日以内であれば、その契約を無効とする権利を持ちます。

ただしその期間内であれ施術を受けてしまった場合には、受けた分の施術費用は支払わなくてはなりません。

1回施術を受けてしまったあとでも期間内であれば契約は破棄することができますが、その分は支払いする必要があります。

契約書にも料金や期間を明記しなくてはならない

そして今回の改正の内容には、エステやクリニックなどは契約書に必ず「施術内容」「期間」「料金」を必ず明記、もしくは明記した書面を用意して消費者に渡さなくてはならないというルールが新たに加わりました。

今までのようにキャンペーンの格安コースといった内容が不明確なコースや、トータル金額が把握しづらい月額制などのコースも総額がわからないということはなくなります。

これを違反したお店は行政処分の対象になりますので、もし今後総額や期間がはっきりしていない契約書を持ってこられたら、消費者庁に駆け込みましょう。

契約してしまっても「もう解約することはできません。」「解約金は○○万円かかります。」といったことは言われる心配はありません。

エタラビが破産したことによる憂い

破産したらお金はかえってこない

昨年大手脱毛サロン「エターナルラビリンスが破産宣告」をしたことで話題になりました。

実際にエターナルラビリンスではコース契約中の会員もかなり多く抱えていて、報道によるとおよそ9万人の会員たちが脱毛難民と呼ばれるような被害にあったことは事実です。(※ミュゼと提携しコースを引き継げるとの対応はされましたが・・・)

この時返金はされたの!?

会員であるおよそ9万の中には「業務停止命令」のニュースが出てすぐに解約を申し出た会員も少なくなかったといわれています。

しかしこの中のほとんどの会員に「返金措置」が取られることはありませんでした。(※一部消費者庁に連絡を取り支払った分取り戻せた方もいたようですが、実質ほとんどの会員が泣き寝入り状態でした)

その後エターナルラビリンスの親会社である「株式会社グロワールブリエ」は破産宣言。

破産したあとは残っている財産や資産などが売却され、その分が被害者に分配されるケースもありますが、9万人という会員全員の支払った費用が返ってくるはずはありませんね・・・

この一連の事件にはエステ産業の闇を垣間見た方も多いと思います。

怪しい契約書や思っていた料金と違う場合には即時解約を

さすがにエターナルラビリンスの件に関しては、あそこまで大きなサロンで、さらに山下智久さんを使用したテレビCMなども流していましたし、不信感を抱くというのも難しいかなと感じます。

しかし実際に契約内容にはおかしいのでないか?と思われる個所は多数あったはずです。

脱毛サロンでは特にキャンペーン価格の安さと比較して、本契約したコースが安くないといったことはかなり多いです。

簡単に言えば「最初こそ安い値段で釣って、実際に契約のときは高額コースに流す」といったことは普通に行われています。(※もちろん金額の差や酷さには大小あります)

このサロン明らかにおかしいな。と思ったときには、最初にお伝えした新たに定められたクーリングオフ制度を利用してしっかり解約するということも身を守るためには必要です。

現在では主に「エステサロン」を中心にこうした被害が多発していますが、今後はクリニックなどでも起こりうるかもしれません。

実際に自らの目で良いサロンなのかどうかを見極めることも重要になってきます。

しかしながら行ってみたら悪いサロンだった、そして契約してしまった、という場合にもサロンになんといわれようと8日以内なら解約することができます。

この事実を忘れることのないように宜しくお願いいたします。